HOME>オススメ情報>使い道に合ったものを作って活用していこう

使うシーンを考えて

名刺交換

名刺を作るといっても、そのデザインは様々なものがあります。使うシーンを考えたうえで、それに合った形の物を作っていく必要があります。載せる情報についても、どこまで載せるのか、写真なども利用するのかという事によって、伝わり方や使うシーンが変わってくることになります。また、使用する紙についても様々なものがありますから、個性を出したい、センス良く見せたいというときにはこうした点についても配慮をして選んでいく必要があるのです。まずはどのようなシーンで利用するのかという事を考えたうえで、どういったデザインや紙質のものにしていくかということを決めていくようにしましょう。

仕事で使うなら無難に

仕事の場で使う名刺を作るのであれば、はじめは無難に作っておくのが良いでしょう。どのような方にお渡しするのか、まだわからないという場合も多いからです。徐々に慣れてきて、自分自身をアピールしていく必要を感じたという事であれば工夫をしていけばよいので、まずはオーソドックスな形の名刺に仕上げてみましょう。変更する可能性が亜場合、はじめから多くの枚数を作らないようにしておくと、後で作り変えやすいのでおすすめです。

プライベート用も作ってみよう

名刺というと、仕事の場で使う物だけをイメージしがちですが、最近はプライベートで利用するために作るという方も多くいます。趣味の集まりなど、関係を作りたい人が多くいる場所で配ることで、人間関係を広げていくという事も可能になるのです。これまで利用していなかったという方は是非一度プライベート用の名刺も作ってみましょう。プライベート用だからこそ、写真を載せたり素敵なデザインにしたりするという工夫も生かすことが出来ます。

広告募集中